気を遣うことも自分が楽しむことも大事

上手くセフレ関係を続けるために大事なことは、セックスをする時に相手のことを気遣い、なおかつ自分も楽しむことです。
なかなか難しそうに思えるかもしれませんが、それができてこそ良いセフレ関係になることができるのです。

当然ですが、セフレというのは相手がいないと成り立たないものです。
そして、いくら自分が楽しいと思えても、相手が楽しくないと思ってしまっては、セフレの関係を続けることは難しくなるのです。

そのため、自分本位のセックスをしたり、自分がやりたいことばかりしていては、すぐに相手に愛想を尽かされてしまい、すぐに関係は終わってしまうのです。

だからこそ、相手がやりたいセックス、相手が希望すること、それらもしっかりと聞いてあげることが大事なのです。
例えば、セックスの時に相手も責めたいと言ってきたなら、自分ばかり一方的に責めないで、相手にも責めさせてあげるようにしましょう。

あとは、終始セックスをする時には、常に相手のことを気遣って、相手も楽しませてあげるように心がけましょう。
そうすれば、相手も凄く楽しい気持ちになりますし、結果的に自分も楽しい気分になれるのです。

ただ、相手を気遣うことも大事ですが、あまりに気を遣いすぎても、逆に自分が楽しめなくなると思います。
自分がやりたいことはほとんど我慢し、一方的に相手のお願いばかり聞くのも、正直疲れると思います。

やっぱり、自分がやりたいセックスをしてこそ、楽しいセックスができるわけですから、相手のお願いも聞いてあげつつ、自分のお願いも聞いてもらうようにしましょう。

結論を言えば、相手を気遣う気持ちと自分が楽しむこと、その2つのバランスを取ることが重要なのです。
どちらかに偏ってもダメですし、そこを上手く使いこなせる人が、セフレを成功させることができるのです。

これに関しては、どうしても経験が重要になってきますから、実践の中で身に付けるといいでしょう。

セフレになりたい気持ちはお互いに一緒

セフレを作りたいと思う人は、何も男性ばかりではないのです。
女性であっても、セフレを作り性欲をガッツリと満たしたい、そう思っている人はたくさんいるのです。

ただ、男性に比べるとそこまで表出ることがないので、どうしてもセフレ作りと言えば、男性のイメージが強いかもしれません。
しかし、もし本当にそうだとすれば、セフレを作ることは極めて難しくなりますし、こんなにも多くの人がセフレを作るなどしないはずです。

これだけたくさんのセフレがいるということは、男性だけでなく女性も、多くのセフレ希望者がいるわけです。
決して女性も、仕方がなくセフレになっているわけではありませんし、お金目当てで付き合っているわけでもないのです。

純粋に、セックスで性欲を満たしたい、快楽と欲求をたっぷりと味わいたい、そう思っているからこそ、出会い系サイトなどに登録をして、セフレ希望である趣旨を書き込むのです。

実際、男性と女性でどっちがエロいかというと、実は女性の方がエロいとも言われたりするのです。
確かに、表面的なエロさで言えば、男性の方が目立つかもしれませんが、潜在的なエロさは女性の方が高いとも言われているのです。

したがって、例えばオナニーをする時でも、男性はそこまで大きな声を出すことは少ないですが、女性はかなり大きな声を出すケースも多いのです。
あくまでも、それを表には出さないだけで、実際は男性以上に快楽を欲しているのです。

とまあ、色々と女性のエロさについて言いましたが、結論を言えば男性も女性も人間ですから、人間である以上は性欲を満たしたいと思うのでは、ごく当たり前のことなのです。

ですから、セックスをしたいという気持ちは、何一つとして間違っていないのです。
ただ、ルールや規律はちゃんと守らないといけないので、その中でセックスを楽しむことが大事なのです。

その方法の1つとして、セフレを作るという行為があるのです。
お互いの同意があり、なおかつ相手の気分を害さないように心がければ、セフレを作るのも自由なのです。

セフレをどうやって作っている?

セフレが欲しいと思っていても、何も行動をしなければ気づけばセフレが出来ていたなんて事はありえません。
セフレが欲しいと思ったら、セフレが出来るように行動をしなければいけません。
ではどのようなアクションを起こせばいいのでしょうか?

まず日常生活の中でセフレを作るか、ネットを利用してセフレを作るかで探し方は変わります。
日常生活の中でセフレというと選択肢はそう多くはありませんよね。
セフレ目的でこれから知り合いになるのではなく、今の知り合いの中からセフレになってくれそうな子を探すからです。
もしあなたが元カノの円満な別れ方をしているのであれば、元恋人同士でセフレ関係になっている人は少なくありません。
やはりセックスを始めてする相手と比べると、過去に何度もセックスをしている相手の方が警戒感が働かないからです。

ただしこの場合は、相手があなたのセックスにどのように評価をしているのか知ってしまう事にもなります。
セックスあまり上手じゃないから・・・なんて理由で断られたらショックは大きいですよね。
後は異性の友達とセフレ関係になるかです。
お酒を飲んだ勢いでというパターンが一番多いようです。
ただし、この場合は実は相手の女性はあなたに恋愛感情があってなんて事になると相手が狙っているのはセフレではなく恋人です。
そうなるといささか面倒な展開になってしまうので注意が必要です。

対してネットでセフレを作る場合は、最初からセフレを作りたいと思っている人同士が集まり、相手を探します。
条件検索でセフレに求める条件に合う人がすぐに見つかります。
出会い率も通常の出会い系サイトと比べると高いと言えるでしょう。

自営業男性のセフレ体験談

自営業男性のセフレ体験談を紹介したいと思います。
男性は既婚者で、子供が出来て以来妻とはセックスレスな関係がもう長い事続いています。
そのため欲求不満を解消したいと思い、出会い系サイトを複数登録しました。
若い女性とセックスをしたいと思っていたので、最初は若い子が集まる出会い系サイトやセフレサイトを利用していました。
しかし競争率が高くなかなか、知り合っても出会うところまでいきません。

そして出会い系サイトやセフレサイトよりも人妻サイトの方が出会いやすいという話を聞き、人妻サイトを利用してみたのです。
幸い自営業をしているので、平日の昼間でも時間には融通がつきます。
嬉しい誤算だったのは人妻=熟女とは限らない事です。
男性が知り合った人妻は、20代の初めに出来ちゃった婚で結婚をした人妻だったので、人妻で子持ちでも全然若いのです。

子供が幼稚園に行っている時間帯なら会えるというので、さっそく平日の昼間に会う約束をしました。
警戒心がないのか、初対面でいきなり彼女の家でセックスをしました。
部屋には子どものおもちゃが置いてあって、人妻とセックスをしているという気持ちが尚更興奮しました。
久しぶりのセックスだったので、汗だくになるぐらい、長時間セックスをしてしまいました。
相手の女性も満足してくれているみたいだったので、身体の相性はよかったのだと思います。

彼女とはそれ以来週に1~2回のペースで会ってセックスをしている関係です。
お互い既婚者で不倫関係なので、バレないように注意していますが、若い女性も存在し、出会い率も高い人妻サイトは狙い目だと思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.